年金の仕組みは複雑でわからない

とにかく複雑、自分に関係するところ以外は気にしなくて良いと思いますが、自分の関係するところだけでも分からないことが多いです。

公的年金(いわゆる1~2階の部分)

  自営業者 会社員&公務員 専業主婦
2階   厚生年金  
1階 国民年金 国民年金 国民年金

ココは割とわかり易い。全員が国民年金(1階部分)に入っていて(というか義務で)、会社員や公務員は厚生年金もある、って仕組みになっています。

私的年金企業年金(いわゆる2~3階の部分)

ここから分からなくなってきます。

  • 自営業者

自営業者には厚生年金がないので、2階部分からすでに任意。
任意で入る年金の種類は、「国民年金基金」「確定拠出年金(個人型)」「付加年金」の3種類。それぞれ加入金額に上限があったり、「付加年金」に入っていたら他の年金に入れないとか色々条件あるようです。

  • 会社員

今のところ制度としてあるのは「厚生年金基金」「確定給付年金」「確定拠出年金(企業型、個人型)」と思われます。(最近は統廃合が進んでいる様子。)自営業者のところと同じく、各制度間で入れる入れないなどいろいろ制限ある様子。

  • 公務員

「年金払い退職給付」の一択なのでわかり易い。

  • 専業主婦

「なし」なのでわかり易い。

今後?

上記に加えて、今後いろんな人が「確定拠出年金(個人型)」の対象となるようです。

参考

制度については、以下のサイトの図が分かりやすく参考にさせてもらいました。
www.pfa.or.jp

今後の法改正で確定拠出年金がどうなるのかは、以下のサイトの図がわかりやすく参考にさせてもらいました。
diamond.jp