結局、公的年金に頼るしかない

あらかじめ自分が 何歳に死ぬのか分かっていれば楽だけど・・・。当然、そんなことは分かりません。親戚を見ても若くして亡くなった人も居れば、逆に90歳をこえても未だ存命の人も居る。

世の中には「国民年金なんて払ってもどうせもらえないから払わない」なんて人も居るようですが、最後は公的年金国民年金、厚生年金)に頼るしかないのでは、とすなつぶは考えます。例え悪い噂があっても、もらえる額が今よりは減ったとしても、制度上の欠陥も沢山あったとしても、個人で同等のことはできません。最善ではないにしろ、頼るしかない、それが公的年金

 

もちろん、何億とか何十億とかって資産があれば別だろうけど、少々お金があったところで「長生きするリスク」には対抗できない。

 

なんてことを終身年金型の個人年金保険を検討しながら思う今日この頃でした。