確定拠出年金の罠。

意外と広く知られているかもしれませんが、確定拠出年金には特別法人税というのが存在するようです。凍結されており、制度が出来てから一度も課税されたことはありませんが、資産に対し年間1.173%もの課税が掛かる恐ろしい税金です。

正直、最初にこれを知ったときは目を疑いました。ゼロ金利の時代に1%を超える課税など信じられないと。逆に言えば、今のご時勢こんな高い課税が課せられる(凍結が解除される)可能性はかなり低いとは思いますが。

 

他にも確定拠出年金にはこんな↓欠点があります。

blogos.com

 

怖いですね。