ボールペンについて一般論をつらつらと記載

意外と奥深い

文具の世界も調べてみると面白いです。どれも同じではなくて今も少しずつ技術の進歩があるなと。

ボールペンで書いた文字の性質を決めるのは大きくわけると2つ。
1つは溶媒に何を使っているか(油性か、水性か)
もう1つは色素は何か(染料か、顔料か)
さらに追加でもう1つ付け加えて分類するなら「粘度」(ようするにゲルインクかどうか)でも分けられる様子。

文字の性質といっても、どう評価するかによって変わってくるわけだけど、一般的には耐久性(耐水性、耐光性)あたりなのでそれを中心に記載。

油性ボールペン(染料)

自分の勝手なイメージだと特に面白みもない普通のボールペン。油性ボールペンで書いた文字は耐久性がしっかりある、なんてイメージを抱いてたが、実際はそうでもない様子。製品によりけりの部分があるが、一般論としては染料インクを使っているので顔料インクを使っている製品より書いた文字の耐久性が劣る。具体的な製品例は多すぎて挙げられない。安価なボールペンはほぼ全てと思っても良いレベル。油性ボールペンの中でも安物は筆圧が必要だったりして個人的にはあまり好きではない種類。

油性ボールペン(顔料)

油性ボールペンと言えば染料インクが基本。ボールペンについて書いてあるサイトとかでも顔料インクを使った油性ボールペンなんてないもののように扱われている場合もあるぐらい存在感がない。実際に調べた限りだとぺんてる製の「ローリー」しかここに分類される製品は見つからなかった。顔料インクを使っているので、書いた文字の耐久性は染料インクの油性ボールペンより優れ、油性ボールペンに抱くイメージ通りの性能な感じ。

水性ボールペン(染料)

カラフルで派手なイメージ。自分の中で水性ボールペンと言えば、パイロット製の「Vコーン」か「ハイテック」、耐久性や値段さえ気にしなければ実に使い易い。他に比べて耐久性は低いだろうけど、原理的に水には弱くても有機溶媒には(顔料インクほどではないにしろ)強いかもしれないが・・・有機溶剤を心配することが普通はない。

水性ボールペン(顔料)

水性ボールペンなのに耐久性がある、というイメージの区分。インクの持ちは油性ボールペンに比べると悪いが、書き味が良いので使いやすい。現在のお気に入りボールペンは、ここに分類される三菱鉛筆製の「シグノRT1」、黒の発色も良く気に入っている。

その他(混合)

4つに分けたが、実際はぺんてる製の「ピクーニャ」のようにインクに染料と顔料の両方を使っているような製品、溶媒が有機系と水系のエマルジョン化しているようなゼブラ製の「エマルジョンボールペン」なんてのもあったりする。

番外(ゲルインク)

ゲルインクは、インクの状態を指し示す言葉であって、溶媒の種類(油性か水性か)や色素の種類(染料か顔料か)とは別の話し。通常状態はゲルで書いているときだけゾルになる。インクの通常状態が、ゲル状態水性インク、ゲル状態の油性インク、ゲル状態の染料を使ったインク、ゲル状態の顔料を使ったインク、と何でもあり。ただ実際は水性インクが多い様子。

どう評価するか

ざっと思いつくだけでも、
・文字の耐久性(耐水性、耐光性、耐アルコール性、物理的なかすれに強いか)
・ボールペンの使いやすさ(必要な筆圧、書き味、書き出し)
・紙への影響(にじみ、裏移り、裏抜け)
などが評価基準になる。結局は人によりけり、使う場面しだい。
だた「総じて顔料インクは染料インクより耐久性が高い」「総じて水性インクは油性インクより使い易い」「総じて油性インクは水性インクより紙へ悪影響が少ない」と言える。さらに言えば、顔料を使用したゲルインクが総合的には一番優れていそう。(耐久性があって、使いやすくて、紙への影響も少ない。)


最終的には好み。


参考

ちなみにこちらののサイトが一番詳しく書いてありました。
lightfastness

こちらのサイトの方は、ボールペンが好きなのが伝わってきます。
ボールペン覚え書き