読書。(財務3表一体理解法)

ひと言でいえば「とても分かり易い良書」でした。

会計全体のことを理解できるよう、良い意味で細かいことはすっ飛ばしてあります。おかげで読みながら「あ、なるほど」 思うことが多かったです。とにかくひたすら何か取引があった場合に3表(BS、PL、CS)がどう動くのかを反復して説明しているだけですが、そのお陰で頭の中が整理され、「あ、なるほど」につながります。

ちなみに会計について基礎の基礎、つまり最低限3表(BS(貸借対照表)、PL(損益計算書)、CS(キャッシュフロー計算書))が何か、ぐらいは予め知っていないと流石に読むのは厳しいと思います。