クレジットカードの安全性はどうでしょうか。

インターネットを介したクレジットカードの不正利用が怖かったので、少し調べてみました。

 

結論

確実なのは利用限度額を下げておくことでしょうか。利用限度額を下げてさえいれば何とでもなる思います。実際、クレジットカードなんかより銀行口座で何かあったときの方が圧倒的に被害が大きいので、クレジットカードの安全性については気にするほどではなくなります。無論、利用限度額を下げても怖いままですし、何かあれば面倒ですが、何かあったときの被害額下がるのはそれだけでも気が楽になります。

 

補償

多くのクレジットカード会社でインターネット上での不正利用に対しても補償してくれそうです。但し暗証番号を使って決済がなされた場合などは補償されないと思われます。(利用者の管理が不適切と見なされる。)これは言い方を変えると、例え普通に使っていてもフィッシング詐欺なんかに引っかかってしまった場合などは諦めなければならなくなります。(補償対象外)

 

安全性の高そうなクレジットカード

アメックスは不正利用があった場合、不正利用調査中は引き落としが一旦止まることを公言している唯一の会社らしい。「らしい」と言うのはスナツブが公式サイトでその記載を見つけられなかったからです。ただし、アメックスは一番年会費の安いグリーンでも年会費が12,000円なので手が出しにくいです。

他に、インターネット決済専用のクレジットカードとかもありますが、普通のクレジットカードに比べて極端に安全性が高いとは思えませんでした。