車はやはり贅沢品でしょうか。

 スナツブが住んでいるところは「車がなければ生活できない!」と言うわけではありませんが、車があった方が便利なので周辺では車を持っている人は多いです。スナツブも「通勤するために必要!」と言いながら車を所有しています。車を所有することでいったいどれくらいお金を掛けているのか、試算してみました。

 

 

維持費試算

車の維持費としてざっと以下の4つに分けてみました。

通常は、上記に加えて ガソリン代や駐車場代が入ってくるのでしょうが、ガソリン代は維持費ではなく交通費と考えていることから除外、駐車場代は家賃の一部と言う考え方なので除外しています。(スナツブの場合、車を持っていなければ駐車場のないもっと駅に近い便利なところに住むので駐車場代以上に家賃が上がる。)

 

減価償却費(車を所有するための購入費用)

普通は維持費に入れないでしょうが、「車を所有したらどれくらいお金が掛かるのか」という視点なので入れています。今持っている車は現金一括で買っていますので、ローンを組んでいるわけではありません。

試算のための前提条件として、

  • 車の購入費用は260万円だったとする
  • 6回目の車検直前まで乗ると仮定して13年間乗る
  • 定額法で0円まで減価償却する

として試算すると、減価償却費は年間約20万円です。

 

自動車税

所有している車の総排気量が1500cc超2000cc以下なので年間39,500円になります。

 

自動車保険

年間約84,000円、車両保険も掛けていることもあり、高いです。

 

点検修理費(車検等)

車検が主な出費ですが、こまごまとした消耗品やタイヤ代なんかをすべて含めた費用です。家計簿を見て過去の実績(平均)から年間75,000円としました。

 

まとめ

以上より、車を所有するための費用は年間398,500円と試算されます。ほぼ、年間40万円ですね。

年に約40万円(≒月に約3.3万円)、これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれでしょう。ただ、車を所有するためには毎年約40万円(毎月約3.3万円)支払わなければならないと思うと、スナツブにとっては少ない金額ではありません。

 

もし車がなければ

スナツブは通勤に車を使っているため、いまのところ所有しないと言う選択肢はありませんが、仮に車がなかったらどうでしょうか。

支出に関しては車に掛かる費用が毎月3万円以上削減できます。週末はレンタカーを借りる、必要なときにタクシーに乗るといった費用を考えても、月に1万円も使わない気がします。ただ車がない分、公共交通機関の便利な場所に引っ越すでしょうから、家賃は1万円程度は高くなりそうです。

支出が増えること減ることをいろいろ考えると、もし車を持っていなかったら差し引きで月に1万程度は今より支出が少なかったかもしれません。さて、これを多いと見るか少ないと見るかは…。