債券を買いたくなってきたけど、買いません。

最近、日本もアメリカも株価は高いですね。日経平均はずっと2万円超え、ダウ平均は最高値を更新。未だしばらくは株高が続くと思うので、株を債券に変えたいとまでは言いませんが、株に対して積極的になれません。今後のために軽く米国債ETFについて調べてみました。

 

バンガード社

今回は、バンガード社のものに絞りました。ブラックロック社が管理しているETFも沢山ありますが、経費率がわずかとは言えバンガードの方が安い傾向にあるためです。(とは言えあまり変わらないのでどちらを選んでも大差ないと思います。)

 なお、バンガード社のサイトを見ると、債権を残存期間と格付けとで分類しているようです。

残存期間は

  • 短期:1~5年
  • 中期:5~10年
  • 長期:10年超

格付けは、

 

選ぶなら

深く考えずETF米国債券に投資するなら、

  • バンガード米国トータル債券ETF(BND)

だけで問題はなさそうです。バンガードのサイトに記載されている投資アプローチを引っ張ってくると「米国の投資適格債券市場全体への幅広く分散したエクスポージャーを提供します。」となっています。経費率も0.05%と非常に安いです。

BND以外だと、

  • バンガード米国短期債券ETF(BSV)
  • バンガード米国中期債券ETF(BIV)
  • バンガード米国長期債券ETF(BLV)

 の3つを考えるところでしょうか。いずれも米国の投資適格債券市場に広く分散しており、期間が違うだけです。経費率も0.07%と十分に安くなっています。

 

様子見

債券市場は金利がずっと下がっていることから「債券バブル」と言われることも多いです。日本は脇に置いておき、アメリカの政策金利が0.25%上がって1.25%~1.50%になってはいるとはいえ、まだまだ低金利なのは間違いないですし、アメリカは株式市場も好調なので今後も少しずつ政策金利はあがるでしょう。こんな状況で長期債券はとても買う気がしませんし、まだまだ株価も堅調です。少なくとも買うならば短期債券を少しずつになると思います。