年金制度は複雑だと思います。

年金という言葉は良く聞くけれども、自分に関係することでさえあまり把握していません。歳をとってからでないとなかなか関心がもてないというのが一番の理由かもしれませんが。

年金制度は大雑把に分けて、属性(会社員、自営業者、専業主婦、等)と階数(国民年金、厚生年金、等)によって分けられています。以下の記述は、主に会社員(公務員)についてのみ記載しています。

 

いわゆる1階部分

ここは会社員に限らず全員が「国民年金」になります。定額拠出型の社会保険で、20歳以上60歳未満の人が国民年金への加入資格を持ちます。

 

いわゆる2階部分

会社員(公務員)であれば「厚生年金」になります。(公務員の共済年金は厚生年金に統合された。)国民年金と違い所得比例型になります。なお、自営業者は2階部分から任意になります。

 

いわゆる3階部分

今のところ会社員が関係する制度は「厚生年金基金」「確定給付年金」「確定拠出年金(企業型、個人型)」がありますが、統廃合が進んでいるようです。また各制度間で入れる入れないなど、人によって制限があるようです。なお、公務員は「年金払い退職給付」の一択でしたが、最近「確定拠出年金(個人型)」に加入できるようになりました。