確定申告の手間はできるだけ減らしたいです。

スナツブもですが、会社に勤めている人間は確定申告をする機会は少ない思います。とは言え「大きな病気にかかり医療費が10万円を超えた」「新しく家を買った」「株取引での損失を取り戻したい」などで確定申告をすることはありえます。

普通、 税をたくさん払いたいわけではないので、会社勤めの人間が確定申告をする理由は、確定申告で税を取り戻すことになるでしょう。ここで気を付けたいのが、払っていない税金は帰ってこないという当たり前のことです。 

こういったことで、所得税や住民税を減らしていると「これ以上減らせない!」という額になることもあると思います。そうなると状況によって課税されたものが確定申告で全額かえってくるとは限らないので、そもそも払う段階で出来るだけ少なくするように考えるべきです。