債券を買いたくなってきたけど、買いません。

最近、日本もアメリカも株価は高いですね。日経平均はずっと2万円超え、ダウ平均は最高値を更新。どちらにも積極的に投資する気が起きません。株を債券に変えたいところなので、軽く米国債ETFについて調べてみました。あ、国債を直接買うとかは考えていません。

 

バンガード社

今回は、バンガード社のものに絞りました。ブラックロック社が管理しているETFも沢山ありますが、経費率がわずかとは言えバンガードの方が安い傾向にあるためです。(とは言えあまり変わらないのでどちらを選んでも大差ないと思います。)

 なお、バンガード社のサイトを見ると、債権を残存期間と格付けとで分類しているようです。

残存期間は

  • 短期:1~5年
  • 中期:5~10年
  • 長期:10年超

格付けは、

 

選ぶなら

深く考えずETF米国債券に投資するなら、

  • バンガード米国トータル債券ETF(BND)

だけで問題はなさそうです。バンガードのサイトに記載されている投資アプローチを引っ張ってくると「米国の投資適格債券市場全体への幅広く分散したエクスポージャーを提供します。」となっています。経費率も0.05%と非常に安いです。

BND以外だと、

  • バンガード米国短期債券ETF(BSV)
  • バンガード米国中期債券ETF(BIV)
  • バンガード米国長期債券ETF(BLV)

 の3つを考えるところでしょうか。いずれも米国の投資適格債券市場に広く分散しており、期間が違うだけです。経費率も0.07%と十分に安くなっています。

 

実際は様子見

債券市場は金利がずっと下がっていることから「債券バブル」と言われることも多いです。日本は脇に置いておき、アメリカの政策金利が0.25%上がって1.25%~1.50%になってはいるとはいえ、まだまだ低金利なのは間違いないですし、アメリカは株式市場も好調なので今後も少しずつ政策金利はあがるでしょう。こんな状況で長期債券はとても買う気がしません。少なくとも買うならば短期債券からになると思います。

車はやはり贅沢品でしょうか。

 スナツブが住んでいるところは「車がなければ生活できない!」と言うわけではありませんが、車があった方が便利なので周辺では車を持っている人は多いです。スナツブも「通勤するために必要!」と言いながら車を所有しています。車を所有することでいったいどれくらいお金を掛けているのか、試算してみました。

 

 

維持費試算

車の維持費としてざっと以下の4つに分けてみました。

通常は、上記に加えて ガソリン代や駐車場代が入ってくるのでしょうが、ガソリン代は維持費ではなく交通費と考えていることから除外、駐車場代は家賃の一部と言う考え方なので除外しています。(スナツブの場合、車を持っていなければ駐車場のないもっと駅に近い便利なところに住むので駐車場代以上に家賃が上がる。)

 

減価償却費(車を所有するための購入費用)

普通は維持費に入れないでしょうが、「車を所有したらどれくらいお金が掛かるのか」という視点なので入れています。今持っている車は現金一括で買っていますので、ローンを組んでいるわけではありません。

試算のための前提条件として、

  • 車の購入費用は260万円だったとする
  • 6回目の車検直前まで乗ると仮定して13年間乗る
  • 定額法で0円まで減価償却する

として試算すると、減価償却費は年間約20万円です。

 

自動車税

所有している車の総排気量が1500cc超2000cc以下なので年間39,500円になります。

 

自動車保険

年間約84,000円、車両保険も掛けていることもあり、高いです。

 

点検修理費(車検等)

車検が主な出費ですが、こまごまとした消耗品やタイヤ代なんかをすべて含めた費用です。家計簿を見て過去の実績(平均)から年間75,000円としました。

 

まとめ

以上より、車を所有するための費用は年間398,500円と試算されます。ほぼ、年間40万円ですね。

年に約40万円(≒月に約3.3万円)、これを多いと見るか少ないと見るかは人それぞれでしょう。ただ、車を所有するためには毎年約40万円(毎月約3.3万円)支払わなければならないと思うと、スナツブにとっては少ない金額ではありません。

 

もし車がなければ

スナツブは通勤に車を使っているため、いまのところ所有しないと言う選択肢はありませんが、仮に車がなかったらどうでしょうか。

支出に関しては車に掛かる費用が毎月3万円以上削減できます。週末はレンタカーを借りる、必要なときにタクシーに乗るといった費用を考えても、月に1万円も使わない気がします。ただ車がない分、公共交通機関の便利な場所に引っ越すでしょうから、家賃は1万円程度は高くなりそうです。

支出が増えること減ることをいろいろ考えると、もし車を持っていなかったら差し引きで月に1万程度は今より支出が少なかったかもしれません。さて、これを多いと見るか少ないと見るかは…。

スチールワイヤーシェルフについて

いわゆるメタルラックとかスチールラックと呼ばれてるものについての比較しました。

  1. ホームエレクターエレクター
  2. ルミナス(ドウシシャ
  3. その他(ホームセンターのプライベートブランドなど)

1.ホームエレクター

 業務用と家庭用があり、ホームエレクターは家庭用。柱はステンレス(SUS430)を使うなど、ひと言で言えば高品質高価格。オールSUS304のグレードすらあり他社と比較して耐久性は明らかに良いが、価格がホームセンターで売っているプライベートブランドと比較するとかなり高い(2~3倍はする)。
 注意点として、業務用と家庭用とで互換性はなさそう。家庭用は業務用より耐荷重が低い。柱にSUS430を使っているグレードの線材はクロムメッキに防錆加工。カラータイプの柱は、ステンレスではなくスチールにエポキシコーティング(粉体塗装)仕上げ。

www.erecta.co.jp

2.ルミナス

 恐らく一番入手が容易なメーカー。どこのホームセンターにも置いてある気がします。ホームエレクターには一歩劣るものの、防錆加工がしてあり、耐久性も良好。オプションパーツも多く、価格もホームセンターのプライベートブランドより少し高い程度。値段と品質を総合的に見れば一番良いと思われる。

www.luminous-club.com

3.その他

 ホームセンターのプライベートブランドであれば価格はかなり安い。ただし、防錆加工がしてあるかは不明。してない可能性は高いし、してあってもホームエレクターやルミナスより錆びやすいと思われる。

総論

 基本的にスチールワイヤーシェルフはスチールにクロムメッキが基本。いくら防錆加工がされていても錆びにくいだけで、錆びるときは錆びる。ホームエレクターは別として、ルミナスはそこまで厳密な品質管理がなされているとも思えませんし。それでも、すぐに捨てるわけじゃなければホームセンターで売っているプライベートブランドよりルミナスの方が良いかと。エレクターは・・・正直、過剰品質と思う反面、お金があれば欲しい。

参考

 ネット上で情報を探していたら↓のサイトが一番まとまっていた。
www.cbex-interior.com

スマホではなくガラケーを新しく購入

しばらくはスマホを持たずに携帯(ガラケー)とタブレットの2台構成を続ける予定ため、スマホでもなく、ガラホでもなく、あえてガラケーiモードケータイ)を探して購入。

 

今回買った携帯電話(2017年1月に購入)

会社:ドコモ(NECモバイルコミュニケーションズ株式会社)

型番:Nー01G

寸法:約110×51×14.4mm(最厚部約17.4mm)

質量:約118g

電池:(型番)電池パック N30

   (容量)1,010mAh

通信:micro SIM(ドコモminiUIMカード)

仕様:カメラ約810万画素、microSDHC(32GBまで対応)

備考:生産終了(発売日:2014年11月13日)

 

 今まで使っていた携帯電話(2009年3月に購入)

会社:ドコモ(NEC

型番:N-02Adocomo STYLE series N-02A

寸法:約 109×50mm×12.9mm(最厚部約 14.9mm)

質量:約106g

電池:(型番)電池パック N16

   (容量)780mAh

通信:FOMAカード

仕様:カメラ約520万画素、microSDHC(8GBまで対応)

備考:生産終了(発売日:2008年11月28日)

 

今まで使っていた携帯、8年近くも前に買ったのか。そりゃ動作もおかしくなるわけだ。

来年使う手帳を決めたので鬼が笑ってるかもしれない

そろそろ来年の手帳が発売され始めている様子。今年は↓の手帳を使っていて、便利なので来年も同じものをと既に購入。

 

www.takahashishoten.co.jp

 

すなつぶの中で手帳の位置づけは「あまり使わないけど、なかったらさすがに不便」といった程度。結果として手帳に求める性能は以下の3つ。

1.そんなに沢山書き込んだりしないので月間の記載欄のみで良い(週間は不要)

2.どうせたいして書かないなら小さい方が良い(A6サイズで十分)

3.でも多少は書き込めるメモ欄が欲しい、但し月と月の間限定で

意外と3つとも全部満たすのはなく、去年たまたまみつけて使ってみたら良かった、と言うお話。

世に出回っているいろいろボールペンを区分け

備忘録としてぱぱっと目に付いたボールペンを区分け。

  油性(染料) 油性(顔料) 水性(染料) 水性(顔料) その他
パイロット ハイテック  
三菱鉛筆 楽ノック シグノ ジェットストリーム
ゼブラ サラサ スラリ
ぺんてる ローリー エナージェル ピクーニャ
サクラクレパス ボールサイン  

同じブランドでも中身が違うものもあるので注意。

乾燥マッシュポテトって凄い

相方と夕飯を作っていた時に自分が「何か足りないな、もう一品ぐらいほしい」とつぶやいたのが始まり。相方がたまたま持っていた乾燥マッシュポテトに電気ケトルで沸かしたお湯をそそぐと・・・。

大げさかもしれないけれど、今年一番の衝撃を受けた食べ物、それが乾燥マッシュポテト。マッシュポテトって作るの面倒、でも乾燥マッシュポテトを使って作るとあまりにも手軽なんで衝撃を受けた。

 

ちなみにあまりの衝撃に乾燥マッシュポテトが入っていた袋をしばらく見続けたところ「何をみてたの?」と言わた。