最近読んだ本、読み返した本1(年収は「住むところ」で決まる)

本のタイトルは興味を引くようにあえて刺激的につけたのかなって感じ。ただし内容はまっとう、軽い感じでもなく読み応えがあって面白い。

 

本書内容紹介文の「成長する都市の高卒者の給料は衰退する都市の大卒者の給料よりも高い。」って一文、自分がこれを見たときの感想は「そりゃそうだろう」。

自分が地方出身者ゆえか就職活動をした際に一番驚いたのが、地方には職がほとんどないこと、あるいは東京にある会社の求人の多いこと。自分の地元はいわゆる地方中枢都市ではあったから、他の地方よりも求人数はマシな方だったはずだけど、地元の大学を卒業した友人達も職を求めて東京に出て行く人が少なくない。そんなんだから「そりゃそうだろう、東京と地方を比べたら・・・」と。

 

もっとも本書の主眼はそこではなくて、賃金格差が生じる仕組みなんかをデータを元に考察してること。

また同時に、

・産業の(製造業の)空洞化

・情報化社会の到来による地理的制約の解放

・大企業以外の雇用

こういったことの影響が世で言われていることとはずいぶん違う事が記載されている。

 

あ、ちなみに本書はアメリカが主体の話し。日本を含めた他国の事例も多少は出てくるけど。